CALENDAR
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< March 2020 >>
SPONSORED LINKS
ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
雄三語録ブログ
イッセー尾形オフィシャルブログ
この作品はモリコムの提供です。
MOBILE
qrcode
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |
2011-12-02(金)晴9℃ 鮭塩引き道場初段 認定証
 

人生初の段位を取得、うれしい。()

新潟の村上は、鮭で有名な地域。

新潟市民大学のOBでつくる「結の会」は、メンバーの企画によって

新潟をライブで学ぶ活動を続けている。

酒と鮭の大好きなYちゃんの提案で、前から案に上っていた

村上鮭の塩引き道場に参加したい! という企画が実現した。

そこはもちろん「結の会」の事。

まちあるきと酒蔵見学(これ大事)、夜の鮭尽くし会食まで、

盛りだくさんの村上ツアーとなった。

1メートル近いまな板で、全長80僂呂△觝と格闘。

うろこをとる、全体のぬめりもタワシで丁寧にとる、

腹の一部を残して(武士のまちなので切腹を嫌う)開く、

エラをとる、内臓をとる、

目の玉の筋を切り、乾燥しても引っ込まないように整える、

はらみの血管からも血抜きをする、

丁寧に水洗いして、水気をふき取ったら、

あとは4キロの塩をすり込むべし、すり込むべし!

おいしくなぁれ♪

初体験尽くしの、塩引き道場だった。


文字では簡単だが、ご指南の実演を凝視していても、

自分でやるとなると、なかなか難しくて、そして楽しい♪


ハラワタの量も半端ではなく、希望すれば、持って帰れる。

 

無駄にするところの無い鮭に、心から感謝して終了。

乾燥にもコツがあるので、今回は道場にお任せして、

食いしん坊揃いのメンバー全員が、後日の到着を夢見つつ

認定証をいただいた。

これは、またいつか上段をめざしたい!

| 食べ物 | 00:00 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |