CALENDAR
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< March 2020 >>
SPONSORED LINKS
ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
雄三語録ブログ
イッセー尾形オフィシャルブログ
この作品はモリコムの提供です。
MOBILE
qrcode
<< 2011-06-05(日)曇℃  zip・・it | main | 2011-06-09(木)晴28℃ レンズ coil4 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |
2011-06-06(月)晴23℃ マサイの戦士と日本人の妻
JUGEMテーマ:イラスト
 

ケニア&タンザニアの旅から帰って知った本。

私の夫はマサイ戦士(新潮社)

http://www.masailand.com/book.htm


行ってきたからこそわかる現地の様子と、
観光では見えないデープなアフリカ
が垣間見えて、
のめりこむように読みました。


マサイ族の戦士ジャクソンの第2夫人となった
日本人女性永松真紀さん
彼女とジャクソンは、いったいどんな人なんだろう。

実際に会ってみたい!


彼女のブロクを読んで、ジャクソンが前年の初来日に続いて、

今年も来日すると聞き、即座に座談会に申し込みました。


神保町の公共施設の和室が会場。

マサイが畳の上にいるよ・・・・・。


ジャクソンは、なるほど日本人から見てもなかなかイケメン。

真紀さんは、明るくてタフな女性。生命力に溢れてる!という感じ。

スライドや映像を交えて、美しいケニアの大地とマサイの生活を聞き、

来日してからの、ジャクソンの感想と写真を見ました。


原発の反対運動を続けている祝島をはじめ、

今回の震災と原発に関連する土地をめぐる旅をしたジャクソン。


彼の感性は、日本人の美しい部分と、哀しい部分、失ったものを

鋭く読み取っていたのが印象的で、

マサイは武士のようであり、哲学者のようだ、と思いました。

 

永松真紀さんのブログ

http://geocities.yahoo.co.jp/gl/wairimu1974

| たび | 00:00 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
| - | 00:00 | - | - | pookmark |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
トラックバック