CALENDAR
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< March 2020 >>
SPONSORED LINKS
ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
雄三語録ブログ
イッセー尾形オフィシャルブログ
この作品はモリコムの提供です。
MOBILE
qrcode
<< 番外編 ケニア・タンザニアの旅  Α淵織鵐競縫◆縫鵐乾蹈鵐乾蹇,修1 | main | 2010-07-07(水)晴30℃  オイルサーディン >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |
番外編 ケニア・タンザニアの旅   А淵織鵐競縫◆縫鵐乾蹈鵐乾蹇,修裡
2010-12-22() サファリのつづき、


昼近くになl、湖のほとりでランチタイム。 
クレーターの中で唯一のトイレがここにあるから、みんな集まってくる。
湖から水を引いて、水洗になっている。 ブラボー! 

大抵の車がホテルへは戻らずに、ランチボックスを作ってもらい、ここに集まる。 


他にもいっぱい車がいたんだね。


ランチは、骨付きチキンの炭火焼き、パン、パウンドケーキ、バナナ、ゆで卵、
マンゴージュース、ミネラルウォーター、
水道水は飲めないが、どこのホテルでも、ミネラルウォーターを用意してくれるので、
足りなければ食事の際に頼むくらいで、水に困ることは無い。




ゆで卵を剥いたら、黄身が白かった・・・・。
あ、白いから「黄身」とは言えないのか?  こちらでは、これが普通らしい。
「日本の色の方がびっくりしたわよ。色が付くような餌を食べさせているんでしょ?
とキャロライン。 
うーーーん、反論は出来なかった。

黄身じゃない黄身・・・・。 



ホロホロ鳥がおこぼれを欲しがって集まってきたが、
もしかするとおまえ、共食いかもよ。



きれいな黄色をした ハタオリドリ も、至近距離で狙ってくる。
外で食べていたグループは、トンビの標的になっていた。


雲行きがあやしいので、スコールが来るかもしれないとジョンとキャロライン。 
風が強くなると、その後に必ず天気が悪くなる。 
少し早めにランチを切り上げて、出発。


道から離れたところに、白い大きな塊が転がっていた。 
こんな骨のかたちを、はじめ人間ギャートルズで見た記憶があるなぁ。 
これは象の頭蓋骨。
他の動物は、ハイエナが骨まで食べるので残らないが、さすがに象は無理らしい。
 

サバンナで、寿命を全うできるのは、限られた動物のみ。 
象も、他の動物に襲われて死ぬことがない数少ない動物。 
この骨は、このままここで風化するのを待つ。 


本当にすぐ雨が来た!ンゴロンゴロは、他に比べても雨が多い場所。


あ、でもすぐに晴れた。() 


かえって空気が澄んで、気持ちがいいくらい。  



バッファローの骨。 今は小雨期の後なので緑も豊か。 
この後にベビーラッシュの時期がくる。

繰り返される命の循環。

残念ながら、ヒョウやチーターには会えなかったが、
少し日が傾いてきたので、ホテルへ帰ることに。 


これまでで、一番の眺め。



夕食まではまだ時間があるので、ロビーの隅でスケッチブックを開いていると、
ジョンが私をみつけて、何を描いているのか覗きにきた。 
スケッチブックを楽しそうに見てくれているので、ジョンを描かせてもらう。


彼の名前を書いて、そのままプレゼント。
大層喜んでくれて、ホテルスタッフに見せていた。
すると、「俺も描いてくれ」と、ディナーで楽器を演奏してくれる男の子が、飛んできた。 


ミーティングが迫っているらしかったので、大急ぎで仕上げてプレゼント。

その後、会うたびに笑いかけてくれて、こちらも嬉しくなってしまった。
絵は言葉がいらないんだなーと改めて思う。
特に似顔絵は、写真を撮らせてもらうにも良い理由になったし、
相手も喜んでくれるので、この後もいいコミュニケーションの材料になってくれた。



2010-12-23()朝  出発準備。

ジョンが、自分の似顔絵をスタッフに見せるものだから、みんなに
「あなたは、アーティストか?」と聞かれた。

「違う違う」と答えていたが、ホテルを出る頃には「絵を描く日本人」と覚えられたようだ。

天候は快晴! 今日は暑くなりそうだなぁ。
来た道を戻って、再度ケニアとの国境を目指す。


(つづきます。)

| たび | 00:00 | comments(6) | - | pookmark |
スポンサーサイト
| - | 00:00 | - | - | pookmark |
コメント
頭蓋骨がそのまま大地にさらされているのはさすがアフリカの大地という感じですね。
 スケッチはとっても素敵ですから、誰でもよろこぶわね。私ももらってくれたりしたけどちゃんとこうして写真とっておけばよかったな〜
 最後の彫刻、とても素敵・・・
| nobukoueda | 2011/01/25 12:17 AM |
最高!!!!言葉はいらない。。。泣きそうです(笑)
| ken | 2011/01/25 10:46 PM |
■nobukoiedaさま、はい、ゴロンと転がった骨が白くて、
 きれいだなぁ、と思ってしまいました。
 最初から写真を撮ろうとすると、嫌がる人も多いと聞いたので、
 スケッチなら、と思ったのですが、なかなか良い方法でした。
 描いている途中、周りも楽しんでくれていました。
| 頼 | 2011/01/26 9:54 AM |
■kenさま、kenさんからのその言葉が最高!
 写真もいいけど、スケッチもいいなぁ、と実感です!
| 頼 | 2011/01/26 11:17 AM |
スケッチ交流、楽しそうですね〜。
私も時々、喫茶店などで食べ物を描いたりしますが、
なぜか、周囲の視線が冷たいような気が…(笑)。
| T[エニッキスト] | 2011/01/27 12:07 AM |
■T[エニッキスト] さま、あちらは、ワイワイ集まってきて、楽しかったですよ。
 一緒に描くのを楽しんでくれてる感じです。
 日本では、なかなかスケッチブックを開く勇気の無い根性なしです。
 マイブックは、その点開きやすいんです。
| 頼 | 2011/01/28 1:30 AM |
コメントする