CALENDAR
S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>
SPONSORED LINKS
ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
雄三語録ブログ
イッセー尾形オフィシャルブログ
この作品はモリコムの提供です。
MOBILE
qrcode
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |
2012-05-05(土)雨曇晴20℃  「古町どんどん」 麒麟山ブース
JUGEMテーマ:イラスト
 

午後になって、ちょっと晴れた。

水と土の芸術祭の作品をつくるワークショップの後、

帰り道で【古町どんどん】の出店を眺めながら帰る。


眺めながら・・・のはずだった。

ところがついつい、買い物しちゃうんだなぁーーー。

狐のお面に誘われて、
麒麟山酒造さんのブースで、試飲させていただく。

おいしぃ〜!


狐に化かされないうちに、萬代橋を渡ろう。

 

| イベント | 00:00 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
2012-04-13(金)晴14℃  花嫁行列の絵を描く
JUGEMテーマ:イラスト



花嫁行列の絵を頼まれた。

カミフルマチと白山神社の鳥居を背景に、綿帽子の花嫁を描いてみた。

時間
の無い話だったので、そのまま渡して終わったのだけど、

後で聞いたら、角隠しのイメージだったらしい。


これは、市民プロジェクトとしての、企画プレゼンのための絵。

企画として選ばれるのか、補助金を貰えるか。

結の会の仲間が、まちなか活性化のイベントとして、本気で企画している。

頑張って欲しい!

 

| イベント | 00:00 | comments(6) | trackbacks(0) | pookmark |
2012-02-26(日)曇℃  東京マラソン2012
 

M氏の応援で、M氏相棒殿と一緒に東京マラソンを堪能。

お互いに連絡を取り合っていたとしても、なにせ、あの人数だから、
どこでどう待てば、確実にお互いを見つけられるかは、
地の利がある相棒殿に、ポイントも、タイミングも全てお任せ。

まずは竹橋の交差点でM氏を捕獲。 順調、順調、

その後、三田駅の近くで再度捕獲。

これはよく見つけたと思う。
着いた途端に、目の前を通り過ぎたので、
大声で叫びながら、全速力で走った。
転ばなくて良かったなぁ・・・・。

人形町でも、なんとか捕獲。 (ランナー側も疲れてきて、休憩したくなる頃)

東銀座では、惜しくも捕獲ならず。(ランナーにも余裕が無くなりはじめた)

そして最後のゴールに間に合わず・・・・・。

すると、待ち合わせ場所では、あまりの人数に電話が繋がらない。

いろんな想定外があるのだなぁ。

別ポイントで、自分の彼氏を応援していた他の友達は、

何箇所かのポインで待ち伏せをしていたが、結局、一箇所でしか会えなかったらしい。

天気もまずまずで、とっても楽しいウォークラリーであった。

後で聞いたところによると、M氏は、途中で本当に泣いたのだそうな。

本当に辛かったのだろう。フルマラソン走る人って、やっぱりすごいなぁ。

そして、スカイツリーや、サラリーマン、

究極は十字架背負って裸足で走ったキリスト・・・。

そんな恰好で走れるあなたたちは、もっとすごい!

この日、電車を乗り継いでの応援だったにもかかわらず、

相棒殿の万歩計によると、2万歩以上歩いたらしい。

応援にも体力が要ることを実感。

そして、膨大なランナーから一人を見つけ出す識別力も。

その頃は単身赴任だったM氏。

相棒殿と別れて、私と一緒に新潟まで戻ることに。
いろいろと話の尽きない新幹線でした。

さて、今年の東京マラソンまで約1か月。

昨年、彼氏を応援していた友達が、今年は初フルマラソンを走ることになった。

果たして完走できるのか、トレーニングはすすんでいるのか、

今年はなんだかドキドキする。

| イベント | 00:00 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
2011-09 表紙  火の鳥(福島潟)
 

フェニックス(不死鳥)なのだろう、


福島潟で9/23に行われたオオヒシクイの飛来を歓迎するイベント。

『雁迎灯』 両翼265mの火の鳥と絆の文字。

新潟日報 記事より

| イベント | 00:00 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
2011-08-02(火)晴31℃  長岡花火2012
JUGEMテーマ:イラスト
 

野村邸にて花火鑑賞。


ありがとーnomuさん! U家ご一家も、ありがとうございましたー。

ご馳走になりっぱなしですみません。

もちうさぎ作家さんや、地元出身アイドルまでご一緒に。
楽しく豪勢な一夜。

多色のクレパスがあったので、花火になるかなー?

と思って描いたのだけど、
思ったようにはならなかったなぁ。

 

| イベント | 00:00 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
2011-0-08(火)晴7℃  仏像コスプレのプリクラ
 

三十三間堂プロジェクトで撮ったプリクラのいろいろ

タッチペンで遊べる機能がいっぱいで、これは楽しい!

私はコスプレ好きなんだと思う。

おもてなし隊などの戦国武将を見ると、ちょっと羨ましい。

かぶりものも好きなんだと思う。

ゆるキャラたちを見ると、ちょっと羨ましい。

| イベント | 00:00 | comments(4) | trackbacks(0) | pookmark |
2011-02-21(月)晴7℃ エンジン01講演 ホリエモン
JUGEMテーマ:イラスト
 

可愛すぎで、似てないけど、ホリエモン。


講演その2は、
田原総一郎、勝間和代、ホリエモンの対談


三者三様の『向うところ敵無しトーク』で、あまり対談になってないし。()

ナマで「朝までTV」を見ているような気分。


私はそこで帰宅したが、最後のイベント「第一回長岡音楽祭」(もちろん1回きり)は、

林真理子がAKB48を仮装で歌ったら本物が出てきたり、勝間和代のコスプレ松本伊代も。


先生方の本気仮装歌合戦だった模様、本気で遊ぶ大人たちって好き!


冬の花火も雪原に上がり、祭りは終了。

| イベント | 00:00 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
2011-02-20(日)晴10℃  エンジン01講演 乙武&茂木
JUGEMテーマ:イラスト
 

思いがけずチケットをゆずっていただいた、クロージングシンポジウムの講演。

本当にに有難うございました!

http://www.city.nagaoka.niigata.jp/shisei/enjin01/program20110214.pdf


茂木健一郎さんと、乙武さんの対談は「大人の階段昇る君たちへ」

大人にとっても深い意義ある対談。

「普通ってなんだ?」私達が見えなくなっているものを気付かされた90分。


乙武さんが、奥様と結婚する時に、「ボクと結婚して本当に大丈夫?」と聞いたら

「大丈夫、私犬を飼っていたから」と答えたそうで、

「あ、大丈夫だ。」と思ったとか。() 強い。


本やTVではなく、ライブな講演だからこその話も盛りだくさん。

楽しかった!
 

| イベント | 00:00 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
2011-02-19(土)晴6℃  エンジン01in長岡 夜学
JUGEMテーマ:イラスト
 

エンジン01文化戦略会議in長岡 夜学会場『魚藤』の猫キャンディ

女将さんに、割烹らしからぬ名前ですね、と聞くと

「キャンディキャンディ」からとったのよ、と無邪気に笑った。

客が騒ごうが、動じない風格の猫であった。

実は、隠れ女将か?

新潟の癒しキャラ「もちうさぎ」の作家さんと初対面、
聡明で綺麗なヒトでしたー。
で、キャンディの隣にもちうさぎを置いて記念撮影。
耳がいやーーん、となっている。


夜学のゲストは、
奥田瑛二(俳優)、米沢明憲(コンピューター科学者/東大教授)、岩井志麻子(小説家)

瀬戸川雅義(建築家)の4名。

チケットは発売直後にほぼ瞬殺。ありがとうnomuさん!

http://www.city.nagaoka.niigata.jp/shisei/enjin01/yagaku_lecturer20110214.pdf

老舗割烹で美味い料理とレアな地酒。そのテーブルを、ゲストが巡ってくれる。

男性陣からも「いい男だなぁ」と絶賛されていた奥田瑛二さん。


赤い靴下と無精ヒゲ、酔うとまた色気があって・・・・眼福。

| イベント | 00:00 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
2010-12-18(土)雨のち晴  りゅーとぴあバックステージツアー
 

明日はケニアへ出発。

その前日に結いの会で『りゅーとぴあバックステージツアー』に参加。


幹事だったので、遅れないように!と思ったら、

間違って集合の1時間前に着いてしまった。遅れるより良いやね。


年に数回りゅーとぴあが開催しているバックステージツアーに、

お願いして「結いの会」メンバーのみ能楽堂の見学を加えていただいた。


劇場では、奈落からセリに乗せてもらったり、
照明の取付を体験させてもらったり、

思った以上に充実したツアーメニューだった。


能楽堂は、頼み込んで能舞台の下へ特別に入れていただいた。

以前に仕事で、メンテナンスを担当している宮大工の棟梁に
話を伺ったことがある。

その時に聞いた話、舞台下へ入れていただいた時の、初めて見る光景。

その時の感動を少しでも他のメンバーに伝えたかった。


能舞台は、ピアノのように『調律』されているんですぞ。

この意味が知りたい方は、声をかけてください。

教えて差し上げます。(^-^)


見学後は、そのまま古町に流れて忘年会。

ナジーラで道草も。

| イベント | 00:00 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
| 1/3PAGES | >>